GREEN DAYS

~日々の出来事の記録~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOBUKURO LIVE TOUR '08 [5296] on 6.4

CIMG0774.jpg
  ツアーセミファイナル 月4日 

    ♪ 行ってまいりました ♪



オープニングの感動は5月に参加した時以上のモノでしたぱんだ 泣く
また逢えたという想い、これが終わったらまたしばらく逢えないという想い、いろんな想いが溢れてきて、しっかりと2人の姿を焼き付けておきたいのに、涙で滲んで見えない…泣きうさ

でも 泣いてる場合じゃないわ~
首に巻いたピンクのツアータオルで涙を拭いてスタンド上段からステージをガン見
微笑みながら歌う2人の姿にまたジーンときちゃったけど、1曲目『轍』に大きな手拍子を送りました↑

 轍 
 月光
 Diary

最初のMCでのコト。
『どこから来たん~』の時、コビィが近畿各県を順番に言ってる途中、黒田サンが何かを発見したご様子。
めちゃくちゃ笑いながら『どこから来たんってもう1回言うて~』と。
どうやら黒田サン側アリーナ前方に 『ナメリカ』 からいらっしゃった方がおられたようで…そうです
日本全国いろんな所から集まっていたけれど、『これ以上はないやろぉ~ついにコブクロも国境を超えたなぁ』と嬉しそうなお二人でした。
でも、その『ナメリカ』から来たという方、「ホンマ! ホンマ!!」と叫んだりもしておられました

MCも終わりかけ曲にいきそうな雰囲気の時、黒田サンが『あ~ぁ…あと今日入れて2日でライブ終わんねんなぁ…』と寂しげにポツリ。
『そうや~今日はセミファイナルやで!! ドラマで言うたら最終回直前やん』とご機嫌のコビィ。
それを聞いた黒田サンは『華麗なる一族で言うたらどの辺やろ…北大路欣也サンが撃たれたらへん? じゃ~今日はお前北大路欣也サン、俺は山本耕史サンjumee☆loud laugh3』って、ノリノリで話を進めてたけど『お前はドラマ見てたけど俺は見てへんし、からまれへんわ』とコビィに砕かれてました

次は新曲『ベテルギウス』
オリオン座で赤く光ってる星の名前で、この星は消滅してしまったとも言われているそうです。
でも、今も私たちに光が見えているのは、その光は500年も前のものだから。
星は消滅してしまっても、ずっと光だけは届いてる…人の気持ちにもそういうのってあるような気がする…っていう感じのお話をしてくれたコビィです。
歌詞にも『君の気持ちが消えてしまっても 僕には届いてる』みたいなのがあったと思います。
前奏は宇宙をイメージできるような感じ。照明も星っぽくてすごくキレイでした
歌詞に『河』っていうのがあったのかな…黒田サンがあのキレイなお手手で波を描くようにしはったのがステキでした…赤面うさ

 ベテルギウス
 Million Films
 WHITE DAYS
 

Million Films でのオレンジの照明が曲とすっごくマッチしてて暖かい雰囲気でステキでした
WHITE DAYS、蕾で黒田サンが体を震わせ、声を震わせ歌う姿に魂を感じました。

ここでのMCは『蕾』について。
誰一人として欠けることなく、人は誰もが「お母さん」から生まれてくる。
当たり前のことだけど、これってすごいこと。
母親にはたくさんのとんでもないほどの愛情をもらってるんだなぁって思います…というようなコビィのお話でした。
もっともっと話してくれたんですけど、思い出せず…スミマセン

『次は黒田クンの新曲で~す』とコビィ。
また新鮮な黒田サンの曲説が聞けると思いきや
『久し振りにラブソングができました…それでは聞いて下さい…To calling of love』と曲にいってしまったので、少々拍子抜けしてしまいました
でも、このことは後のMCでコビィに『曲説せ~やぁ~もっと喋れやぁ~』とイジラレテはりました
前回聞けたのは貴重だったなぁって改めて思ったのですグッ
コビィのブルースハープで始まるこの曲。
ピアノ伴奏で歌う黒田サン。
ギターを持たずに歌うコビィ。
なにもかもが素敵でした

 To calling of love
 FREEDOM TRAIN
 風の中を

FREEDOM TRAINについて。
これはこのツアーをイメージしてできた曲なんだそうです。
列車は線路や行き先がないと走らないけど、たまには線路も行き先もなく自由に走る列車があってもいいんじゃないかな。
このツアーはすごく自由なんだ…ってお話でした。と思います。
歌詞の中に『銀色の列車』っていうのがあって、それは銀色のジャケットだったアルバム『5296』なんだそうです。
ツアーの各地を1駅ずつ進んでいく…本日も1万人のご乗車ありがとうございま~すと締めるコビィでした。

風の中をでは、またまたコビィ回ってました~クルクル
フラフラになりながらマイクスタンドへ戻り、お客さんに『座って…』と言ってました
そんなコビィを見ての黒田サン。
ここは喋るところじゃないけど、あえて言わせてほしい
なんでスキップで走りまわるお前の為に俺が下がらんなアカンねん
もっと3歩先を見て行動しろ みたいなことを言ってはりました。
先日のライブでもテンション上がったコビィが横に水とかを置いてるスタンドを倒してしまったそうで、それを黒田サンはどのスタッフさんよりも先にナイスキャッチしたとか
そんな黒田サンの姿を見て『いつも黒田は俺のことを支えてくれてんねんなぁ』ってコビィは思ったそうですよ~ラブラブですね

あと1曲だけ新曲を聴いてください…と『天使たちの歌』について。
これは今年の初めメンバーと集まってできた歌なんだそうです。
その日はすごく雪が降っていて、雪の歌にしたいと思ったって。
その通り、曲の最初のララララ…のコーラスからは、空からフワフワ降ってくる雪がイメージできました絵文字名を入力してください

 天使たちの歌
 風見鶏
 蒼く優しく

パーカッションで始まる風見鶏はアレンジもされていて新鮮でした。

蒼く優しく…もぉホント心にズシンとくる曲です。

この後のMCで。
黒田サンのいいところも弱いところも強いところも知ってる…黒田サンが体を震わせながら歌う姿に魂を感じる…声が好き…とにかく大好きだぁーってことを超ストレートに話すコビィ。
そんなコビィが好きです
だって、なかなか言えないでしょ~こんな風にjumee☆LoVe4

どんな話の流れだったのかどんどん曖昧になってきてますけど…アップロードファイル

6月1日から施行された後部座席シートベルト着用について。
あの法律ができて1番大変なのは取り締まる警察官の方や~って力説されてました。
シートベルトチェッカーなんてもんはあるはずもなく、『ガン見』するしかないと。
皆さん~しっかりベルト着用しましょうね豆電球

飛行機に乗ってもシートベルトもせず、離陸後しばらくまでリクライニングしてはいけないイスをリクライニングする黒田サンについて。
あれは客室乗務員サンを試されてるそうです…アカンことはちゃんとアカンと言ってくれる人なのか…命を預けれる人なのか…をね。

そんな黒田サンだけど、ステージ上で一番用心深いのはコノ俺や!! と言ってはりました。

タクシーに頻繁に乗るから事故にもあったことがあるという話。
明らかに対向車が曲がってきてるのに直進しようとする運転手さんに、助手席のマネージャーさんではなく、後部座席の黒田サンが『ブレーキ!! ブレーキ!!』と叫んだそうです。
でも間に合わないと思った黒田サンは、次の日もライブがあったからムチ打ちになったらアカンと思い『小渕ーもぐれー!!』と後部座席の足元部分にコビィを押し込め自分も同じようにしたんですって
おかげで2人は無傷…助手席のマネージャーさんはフリーズjumee☆Feel Depressed4
『大丈夫』と声をかけてほしかったマネージャーさんに声をかけたのはコブクロのお二人だったそうです。
この話がけっこう長くて、最後には『あ~あぁ…またマネージャーさんに怒られる』とコビィ。
『でも、ウケタしなぁ…』『ウケタから許してくれるやろ』 みたいな感じでした。

ここのMCがとにかく長くて、2人も『しゃべりすぎや~』って言ってはりました。
「しゃべりすぎ」大いに結構なんですけどねにこにこうさ

ここら辺で恒例のHPアドレスを叫ぶのですが…。
『今回はアドレス変わってますからね~』と黒田サン。
もちろんお客さんは『えっ』ってなって…そんな様子を見て嬉しそうにしてはりました。
『あ~アレやろ~コブクロドットコムって叫ぶやつぅ』みたいな雰囲気がいらんかったんやと。
『たまにはこういう嘘も言っていかんとアカンわ~マンネリ化すんなよ~』と笑みを浮かべながら歩きまわる黒田サンでした。

いつもはここでウェ~ブの流れだと思うのですが、今回はありませんでした
ウェ~ブの時、その時思いついた曲を2人が歌ってくれるから、それが楽しみやったのにチョット残念でしたアップロードファイル

さて~盛り上がりコーナーへ突入ですjumee☆DaNcE2

 君という名の翼
 潮騒ドライブ
 ストリートのテーマ
 彼方へ
 Fragile mind

どこかのMCで黒田サンがCMで流れている君翼のシーンを再現したんだけど、歌詞もグチャグチャで「先割」って言うところを「得割」って言ったりで、コビィに「何で歌えへんねん お前は誰や~コブクロか」って言われてたけど、この時はバッチリグッ
どんどん盛り上がって次の曲へ~おんぷ2つ

潮騒ドライブのサビで手をフリフリするところ
スタンド席からは会場中揃ってるのが見えてす~っごくキレイでしたキラキラ
この曲の途中でメンバー紹介。
バンドメンバーが紹介されたあとコビィが叫びます~「我らがボーカルの名前は
みんなで「黒田俊介ー
それに続いて黒田サンが歌ってくれたのはPerfumeのポリリズム
前のMCでもちらほらPerfumeの名前が出てましたから~。
続いて黒田サンが「我らがギターの名前は」「小渕健太郎ー
コビィはウルフルズのガッツだぜ!を歌ってくれましたアップロードファイル
曲が終わる時には手をフリフリしたことを「めちゃくちゃキレイでした~」ってコビィ言ってくれました。

さらに盛り上がってストリートのテーマ。
CIMG0778.jpg
 アリーナにいた友達のおかげで
 念願の銀テープ初ゲット~グッ



コビィに導かれて男女に分かれて歌ったり、アリーナとスタンドに分かれて歌ったり…とにかくココは大盛り上がりです↑

彼方へ。
何度見ても彼方を指さす黒田サンの指のキレ~イなことアップロードファイル
もちろん一緒に彼方を指さしました

Fragile mind
本編ラストにふさわしい曲だと思います。
歌詞からも曲からもパワーが溢れてる。
力強すぎて涙も溢れてきちゃいます…泣きうさ

2人がステージを去り照明がおとされてすぐアンコールの手拍子とともに、どこからともなく歌い始められる「ストリートのテーマ」
 キラキラ 朝まで僕らと一緒に歌ってくれませんか
         言葉に羽がはえて飛んでいきます キラキラ
「せ~の!!」で始めるわけじゃないのに、すぐに会場の声が1つにまとまるんです。

このコーラスを何度となく繰り返してると両花道からコブクロ再登場jumee☆DaNcE2
マイクスタンドへ走って行ったコビィは私たちが歌ってたコーラスをお得意の指笛で奏でてくれます。
ホント何でもできる人なんやなぁってつくづく思います。

~アンコール~
 
 どんな空でも

コブクロの最小のカタチ…2人の声とギター。
このカタチで始めてずっと歌ってたから、これが一番みんなに届くんじゃないかなぁって思います…と歌ってくれたのが桜。
途中からはマイクレスで。
私のところにもしっかり届きました。きっと500人の立ち見の方にも届いてたはず。
静まり返った中2人の声とギターだけが響き、息をするのもキツイぐらいの張りつめた雰囲気でした。
こうやってマイクレスでの声を聴かせてくれるのはすっごく嬉しいです。
曲が終わった時の鳴りやまない拍手もまた感動的でした。
照明はおとされて2人の姿は見えなかったけれど、きっとずっと深いおじぎをしてるんだろうなぁと思ってステージに拍手を送りました。

その拍手の中とうとうラストの曲…どんな空でも。
アカペラで始まるこの曲は前回のツアーでのオープニング曲でした。
この曲がテレビで歌われたことはなかったと思うけど、コブクロにとって大きな一曲であり、代表する曲になる…なったんだなぁって気がしました。
サビの部分の歌詞が映されてみんなで歌ったのですが、途中からは演奏もなしでアンコールの時みたいにみんなの声だけで。
それを嬉しそうに聞いてる2人の笑顔が最高でした。

マイクがコブクロに戻されて「どんな空でも」が締められ、オープニングの時と同じ「心待ちにしていた~」の後に日替わりで織り込まれるフレーズの6月4日セミファイナルバージョン。

 Brilliant.自問自答を繰り返しBrilliant.

 Brilliant君は門出に立ってるんだBrilliant

 Brilliant.共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓いBrilliant.

 Brilliantあの優しかった場所は今でもBrilliant




終わってしまいました…ホントに泣く

ステージ上からの挨拶を終え、両花道へも来てくれました。

みんなからの「ありがとう」の声に「こっちこそ『ありがとう』やわ」と言うコビィ。
いえいえ…私たちの方がもっともっとですはーと3つ

 ハート(赤) ありがとう ハート(赤)

翌日のファイナル公演ではこのツアーのDVD発売も発表されたようですキラリラ
それももちろん楽しみだけど、今回聴かせてもらったあたらしい歌たちが音源化されるのも期待しております↑
そして、またコブクロに逢える日を…ハート8


とんでもなくダラダラと書いてしまいましたが、ここまで読んで下さった方…ありがとうございましたclover

コメント

素晴らしい!!!

PC立ち上げたから遊びに来ました~笑
ちゃんとレポ残してるあたり・・・さすがだわぁ
あたしは今回はゴメンちゃいしました

黒田くんは口ではあんなイケズばっか言うてるけど
ホンマはとっても優しくてあったかい人やねんね
今回、ありがたいことに花道が近かったので
黒田くんがめちゃめちゃ近くに見えました
花道に落ちたテープをわざわざ拾ってお客さんにはいどうぞって
渡してくれたり
ちゃんとお客さんの方見てウンウンって頷きながら歌ってくれたり
そんなの見たの初めてだったからめちゃくちゃ感激したよ

何よりもお二人の歌声に痺れるほど感動~~~☆
コブクロ最高やよね!!! マジでっ!!!
また絶対行こうってパパと話したトコです

余談:あたしのいたブロックの最前列、通路のトコに「コイシ」くんがいてはりまして(笑)
近くのお客さん全員で拍手したんよ(^^)v 詳細はDVDで!?(爆)

e-267コメントありがとうございますe-267
v-22みほこさん
あんなに感動したライブやのに、私の場合、記憶が恐ろしいほど薄れていってしまうのでココに残した次第ですi-229
ホントにあのお2人は素晴らしいe-420 出逢ってくれたことに感謝してますe-266
今回のツアーは最高やったi-199って思うけど、また更に最高の歌を聴かせてくれるであろうコブクロに期待大ですねv-411
みほこさんと一緒にライブへ参加してみたいです~e-415
「コイシ」くんi-198 何のこっちゃ~v-236ですが、DVDの楽しみが増えましたわe-68

私は、大阪城ホール4日目の5/15にコブクロライブ初参加しましたe-454
でも、あまりに興奮しすぎてあまりはっきりと記憶がなくてe-350
潮騒ドライブのサビで手を振るところは、'06のライブツアーのDVDで見てたので、
本物をできた感動と会場全体が揃っていての感動でv-218でした。
生MCも聞けて、うれしかったですが、会場や日によって違うMCが
greenさんのレポでセミファイナルのレポを聞けて嬉しいですe-319
コブクロライブレポ、ありがとうございましたe-420

e-267コメントありがとうございますe-267
v-22ろこもこさん
私の初『潮騒ドライブ』は去年の風に吹かれての時で、初めて体験した時の感動よ~く分かりますi-237
会場中が手の波で広がってるのを見て、嬉しそうに頷きながら歌ってくれる2人の姿も最高ですよねv-352
コブクロのライブは歌はもちろんMCでも楽しませてもらえるので、それが少しでも伝わってれば嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございましたe-68

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

DATE

プロフィール

green

Author:green
血液型 : O型
星座 : しし座

7歳の男の子&5歳の女の子の母
パート主婦

POWERをもらえる大好きなアーティスト
♪福山雅治サマ
♪コブクロ
♪ドリカム
♪EXILE

since 2007.07.12

最近の記事
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー
最近のコメント
greenへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
C-PREVIEW

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。